« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

パリのメルスリーと美術館・オブロンさんと出会う旅 ~4日目・5日目~

あ~~~っ。
記憶が薄れゆく~~~っsweat01

フランス旅行記、なかなか更新出来ず...

いよいよ後半の
5日目です!!

アルザス・リクヴィールへ

それは昔、私が1年ほどお世話になっていたビストロのオーナーシェフがフランス・アルザスにある小さな村リクヴィールというところで2年ほど前からレストランをされていると聞き、フランスに行く事があれば絶対に足を延ばして伺いたいと思っていたところ。

友達と行くには少しパリから遠出になるのでなかなか言い出しにくいのですが、そう思うと姉には言いたい放題!!
彼女も始めは乗り気ではなかったようですが...
調べていくと“フランスの最も美しい村”に登録されていると分かり、テンションがup
シーズンオフという事もあり、ブドウ畑の美しい景色は見れないものの期待してしまう!!

朝からリクヴィールからパリに戻った時のホテルへ荷物を預けに。
身軽になって、いざアルザスへ!!
(身軽とは言うものの... お友達から預かったお土産などあり結構荷物大目)

前日利用したTGVの駅へ向かい、乗りなれたかのようにPAULのパンを買い込んで乗車。
楽しみです!

Photo TGVの中で編み物をするmimiさん。
その横でガーガーと寝る私。
子供のころからの二人の姿。

そして、昼過ぎに到着したのがコルマール
Photo_2 そして、バス停を見つけてバスに乗り込み約25分。
バスに乗っている間も不安で不安で...
女性のバスの運転手さんに運転中にちゃんと着くのかを確認。
降りるバス停で合図を下さって、無事到着!!

ヒャッホーっ!!
Photo_3 あ~~~っ。シーズンには一面に広がるブドウ畑。
1 ディスプレイがかわいい。
3 上手く撮れないけど、看板がかわいい。

っとホテルにチェックインした後はリクヴィールの町をウロウロ散歩。
夜の食事が楽しみです♪

そして、ようやくたどり着いたお店“"Au Trotthus”へ
私がワイン大好きになったきっかけを下さった方のお店です。
15年ぶりぐらいの再会です!!
懐かしいお話もほどほどで、レストランは賑わっていきます。
Photo_4 メインにホタテをいただいたのですが、刻み海苔なんかのってるので笑ってしまいました。
P2019425 シェフの似顔絵。
懐かしいです。
フランスの有名な画家の方が描いたそうですが、お名前忘れてしまいました。
あっ。シェフはこんなに太ってませんよ!
画家の方の特徴なんです。

彼のユーモア満載のトークを聞き、とっても懐かしく感じる夜でした!

さてさて夜も更け、ホテルへ...
寒いよ~~~。

6日目
朝の10時にオブロンさんの奥様がコルマールまで送ってくださるというので、甘えて送って頂きました。
バスがあまりにも不安だったので、安心です。

そしてコルマールは「ハウルの動く城」の舞台となった町並みだと行く寸前に知り、またまたテンションの上る私。

Photo_5
Photo_9 ↑頭の家の一部
4_2 本当に看板がかわいいです。

リクヴィールもコルマールもシーズンオフで閉まっているお店ばかり...
お買い物好きの二人には物足りない感じですが、丁度良いかも。
景色などは残念なところも(工事中とか)あったけど、充分楽しめる町並みでした。

そして、腹ペコの二人はとりあえず駅に向かう事に...
遠いよ~。
っで、駅前のレストランで一人前を二人で半分こ。
海外ではコレで十分です。

そして、またTGVに乗ってパリへ

夕方に着くのは分かっていたので、mimiさんのお買い物の最終段階。
またまた、モンマルトルへ
3_2 サクレ・クール寺院の写真は何度か撮ったのですが、コレが一番かな~。

そして、二人は分かれて目的の生地屋さんへ
Photo_10 mimiさん、後から私の行く店に来ると言ったのに、待てど暮らせど来ないし~~~。
もう、店閉まっちゃうよ~。
っと心配になって4階から出入り口までチェックして降りてみると...
ボロボロ(見た感じ)になったmimiさんが!!
生地を買い込んだ為、階段の登る気になれず、下で待っていたそうです(笑)
っという事はMetroの階段も厳しいという事で、ホテルまで歩く事に!!
意外と近いんですよね~。
しゃべりながらだと。

本当にこの二人よく歩きます。
日本でもこのぐらい歩けばスリムになれるかな???

この日はヘトヘト。
またまたホテルに食事を買い込んで、晩ごはんです。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

パリのメルスリーと美術館・オブロンさんと出会う旅 ~4日目~

こんにちは
今日は雨...

土曜・日曜も仕事をしているのですが、日曜の出荷でヤマト運輸さんに「関東への出荷ですか?」と聞かれ、『違います』と答えた私。
集荷に来られて聞いてみると、雪の被害で関東地方の荷物の集荷はストップがかかっているそうです。
いつ届けられるか分からないのはもちろんの事、集荷しても置く場所が無い、クール便は賞味期限などの問題もありストップがかかったようです。

さて、旅の4日目Reims(ランス)へ...
私自身、ランスが何処なのかなんなのか???
ただ、mimiさんが「藤田嗣治さんのチャペルに行きたい」という事でランスへ
TGVのチケットも全てmimiさんが手配。
かっこいいっす!!

Metroは乗りなれてきていたのですが、TGVはフリーでのるのは初めてという事で早めに駅へ
っと、その前に!!

5・6日目とリクヴィールに一泊予定なので、そこから帰った時に泊まるホテルの下見&荷物を預かってもらえるかの確認。
前日に確認したい内容をフランス語にしてメモ書き。
どうにか伝わったようで、ホッ!!
携帯電話便利ですね~。

やっとTGVにPAULのパンを買い込んで乗車。

Tgv かっこいい!!
車中寝る私。
編み物するmimiさん。

そしてランスに到着!

Photo_2

まずはノートルダム寺院

Photo_3 入り口を見上げると、こんなに素敵な細工が!!!
2_2 今回、正面部分が修復中だったのでジオラマを撮影。
神聖な雰囲気にのみ込まれてしまいます。

その後、ランチ!!
外食をほとんどしてない二人には楽しい時間です♪
mimiさんはラザニア、私はアヒルのグリル。
二人ともご満悦~~~っ。
ただ、この後にシャンパン工場見学に行きたかった二人なので、アルコールは我慢!!

っで、予約要らずのシャンパン工場見学。
Photo_4 ワォーッ!!
規模が違います。
洞窟のような迷路のような貯蔵庫。
ヒンヤリ、ドンヨリとした中、英語での説明が響き渡っています。
そして、試飲( ̄ー ̄)ニヤリ
2_3 美味し~~~ッ!!
って事で、お高めのシャンパンでしたがハーフを一本だけ購入。
実家へのお土産です。

その後、チャペル・フジタへ
歩くは歩くはtyphoon
地図が解かり難い(;´д`)トホホ…
でも、TGVのチケットを買ってまで来たのに観ずに帰れるわけないよ~~~。
そして、どうにかたどり着きました!
Photo_5 かわいい~。
中には入れない時期だったので、外からパシャパシャ。
小さな小さな素朴なチャペルでした。

つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

パリのメルスリーと美術館・オブロンさんと出会う旅 ~3日目~

こんにちは。
昨日は冷え込みがきつく強風も吹き荒れていましたが、今日はポカポカ日和の強風。
作業場は一時27度まで上りました!!

さてさて...

3日目
この日も自家製(私の)サンドウィッチを持って、向かうはベルサイユ宮殿!!
Metroを乗り継いで、バスに乗って...
コレもmimiさんの下調べのお陰でたどり着けました!!

Photo あらっ!
門の右前にmimiさん!!

初日からどんよりしたお天気が続き、なかなか良い写真が撮れないのが残念です。

そして、チケット売り場が分からず少しウロウロ。
館内の案内の資料も見つけられず少しウロウロ。
フリーの旅行の上に言葉が分からないというのは、こういった時に時間を取られる...
私たちはこの時間を楽しめるタイプだけど、イライラする人も居るんだろうな~。

Photo_2 中に入ればこっちのもの!!
日本語のイヤフォンガイドを借りれます。

Photo_3 ベルサイユ宮殿のジオラマです。

2_3 うわわっ!!!
圧巻です!!!
舞踏会など行われてたんだろうな~♪

プチトラムに乗って、プチ・トリアノン宮殿へ
Photo_5 このトラムでお隣になった方、スペインの女性でして、ナゼか意気投合!
お互い母国語しか話せないのに、最後にはお互い写メ撮ってました。
こういう交流が楽しみの一つ。

そういえば、行きの機内でもお隣の女性と1時間ぐらいお話をしました。
彼女はスイス在住の日本人。
メアドも交換して... って、メールするのを忘れてました(^-^;

さてさて、本題に戻り...
2_4 Photo_6 マリー・アントワネットのお部屋で撮影。
同じ時間は過ごしていないけど、アントワネットを身近に?感じれたかな~???

あ~っ。
もっと、かわいくしとけば良かった。
ポケットにはいろんな資料が突き刺さってるし...

全ては観きれてないのですが、次へ向かうは「人形博物館

Photo_7 ネットで見かけたかわいい写真に「行きたい!」っとmimiさんに提案。
楽しみにしていた場所です。
ココも通り過ぎてしまって道が分からなくなり、誰に聞こうかとキョロキョロ。
すると“私に聞いて”オーラのある女性が!!
多分、パリ在住の日本人の方です。
お花の配達に地図も持っておられ、道を教えていただきました!
メルシー!!

っで、楽しみにいていた人形博物館なのですが...
2_5 怖い!!
さすがにこの部屋に入った時は怖くて笑ってしまいました。
意味分からないでしょ。この行動。
でもね! 先にこの部屋に入っていた異国のマダム3人も苦笑?してるし!!.
日本で言うと、市松人形が並んでるのかな???

そして、この日はもう一度モンマルトルのメルスリーへ
姉が品定めして買おうとした瞬間、閉店!!
さすがフランス、帰れ帰れのアクションです。

仕方なく帰る姉妹。

その日もホテルの部屋で食事。
節約・節約。

つづく...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

パリのメルスリーと美術館・オブロンさんと出会う旅

こんにちは。
昨日・今日と大荒れのお天気ですね!

フランスから帰国して5日目...
現実と向き合うのに時間がかかりそうです(^-^;

このタイトルは旅行を企画してくれた姉が考えてくれました。
そう! 今回はほぼフリーなたびだったので、お互い行きたい所を言い合って決めた7泊9日間の旅。
私はな~んにもせずに姉しっかりキメてくれました!

前回の内容とダブるけど...

1日目
パリに朝到着便だったので、まずはホテルに荷物。
チェックインには未だ早く、荷物を最小限にして向かうはモンマルトルにあるメルスリー!!
って、その前に腹ごしらえに映画『アメリ』に使われたカフェCafe des 2 Moulins(カフェ・デ・ドゥ・ムーラン)へ...

Photo

出発前に映画を観てたので、テンション上ります!!

そして、姉のお楽しみメルスリーへ

2 わ~!!!!! カラフルでかわいいheart04
Photo_2 姉は私のことなど忘れて店に入って行きます。

着いたばかりという事で、二人ともお買い物はあまりせず、ホテルにチェックインしに戻りました。

小さなホテルだけど清潔でかわいくてバスタブもあって、お湯も出て、4泊するにはアクセスもよくとっても快適なホテルです。
Photo_3
一つ難点が...
部屋が暑い!!!

この日は出歩くのはやめて、近所のスーパーでサラダやワイン・パンやチーズをお買い物のして部屋で夕食。
携帯用のプラスチックワイングラスや旅行用ケトルを持参してくれた姉に感謝です。
旅なれてらっしゃる(*^-^)


2日目
向かうはエッフェル塔
Metoro_2 今回の旅で使いまくったMetro。
パリは駅が細かくあるのでメトロが便利なのですが、階段のアップダウンが多くて...
バスを乗りこなせるようになればパリっ子ぽいのにね~。
3 テンション上ります!!
この車も撮影用にあるみたい。
かわいいです。

お昼は朝食のパンやチーズで作ったサンドウィッチをジップロックに入れて持ってきていたので、エッフェル塔の上で食べました。
パリ市内を見下ろしてのランチボックス、何とも贅沢(*´ェ`*)

その後、ボン・マルシェへ
Photo_5 世界最初の百貨店だそうです。

この百貨店では姉がボタン選びに夢中の為、ヒマ~~~。
見たかった靴もあったのですが、物価の高さに怖気づいた私。
探す気にもなれず、生活用品のフロアーでウロウロ。
欲しかった紅茶と上質なトーションを購入してご機嫌です。
私は子供のころから姉の行きたいところについて行くので、こうして待ってる間の時間つぶしは天才的です。
時には姉より良いもの買ってたりして~。

そして、楽しみにしていた雑貨屋さんめぐり。
購入しようと意気込んで行ったカゴ屋さん...
思っていた感じと違い、断念!!
そのほかにもインテリア雑貨や子供雑貨屋さんなどウロウロ。
ヘトヘトになりながらも、行きたいお店の6~7割ぐらいはいけたんじゃないかな???
本についてる地図は近く感じるから大変です。

細かく書くと思い出す、旅のアレコレ。
3日目からはまた後日にUPしま~す!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »